検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
  • オススメ
商品コード: RLB100105

電波伝搬ハンドブック

販売価格(税込): 46,440
■体裁:A4版407ページ
■発刊:1999/01/28
■ISBNコード:4-89808-012-X

【監修】
細矢良雄 北見工業大学

【幹事】
小川英一/摂南大学
唐沢好男/KDD研究所
真鍋武嗣/郵政省通信総合研究所

【委員】
明山哲/NTTアドバンステクノロジ
伊藤泰宏/日本放送協会
井原俊夫/郵政省通信総合研究所
河崎善一郎/大阪大学
佐藤明雄/日本電信電話
塩川孝泰/東北大学
長野勇/金沢大学
藤井輝也/NTT移動通信網
山口芳雄/新潟大学

【執筆者】
明山哲/NTTアドバンステクノロジ
伊藤泰宏/日本放送協会
井原俊夫/郵政省通信総合研究所
小川英一/摂南大学
唐沢好男/KDD研究所
河崎善一郎/大阪大学
佐藤明雄/日本電信電話
塩川孝泰/東北大学
長野勇/金沢大学
藤井輝也/NTT移動通信網
細矢良雄/北見工業大学
真鍋武嗣/郵政省通信総合研究所
山口芳雄/新潟大学

※執筆者の所属、肩書き等は本書発刊当時のものです。


【序文】
 放送を含めた無線通信の世界は大きく変化しつつある。
最近の携帯電話やPHSの爆発的な普及、低高度軌道周回衛星を用いた移動通信の実用化、
屋内無線LANの導入,またディジタル衛星放送さらにはディジタル地上放送など、
従来主として用いられていた中継系から、我々の身近なアクセス系へと無線通信の主力が移ってきている。
 本書は、すべての無線通信に関する電波伝搬についての情報をまとめ、
アマチュア無線家まで含めた多くの方にわかりやすい形でまとめたものである。

【目次】
第1章 序論

第1部 基礎編
第2章 伝搬の法則
第3章 大地の影響
第4章 樹林の影響
第5章 大気ガスの影響
第6章 降水の影響
第7章 電波伝搬に及ぼす電離層の影響
第8章 損失媒質中とトンネル内の電波伝搬
第9章 晴天時大気中の伝搬
第10章 光波の伝搬
第11章 伝搬で用いる統計の基礎
第12章 多重波伝搬理論
第13章 電波雑音

第2部 応用編
第14章 地上放送の伝搬
第15章 陸上移動通信の伝搬
第16章 海上移動通信・無線航行の伝搬
第17章 航空移動通信の伝搬
第18章 地上見通し内通信の伝搬
第19章 見通し外通信の伝搬
第20章 固定衛星通信の伝搬
第21章 衛星放送の伝搬
第22章 移動体衛星通信の電波伝搬
第23章 都市内アクセス無線通信の伝搬
第24章 屋内通信/無線LANの伝搬
第25章 アマチュア無線の伝搬
第26章 無線システム間干渉の原因となる伝搬

付録
周波数帯名称/周波数帯利用状況/伝搬で用いる物理定数/各種確率紙の作成
  • 数量:

その他のオススメ商品

アンテナ・電波伝搬技術入門

販売価格(税込): 10,800 円

ソフトウエア無線の基礎と応用

販売価格(税込): 50,760 円